劇場版『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』興収400億円を突破。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨年10月に公開されたアニメ映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の最新の興行収入が発表され、国内で史上初となる興収400億円を突破した。また、日本を含めた全世界(45の国と地域)での総興行収入は約517億円となり、現在も記録を伸ばし続けている。『鬼滅の刃』は、2016年2月から20年5月まで『週刊少年ジャンプ』で連載され、2019年4月から放送されたテレビアニメで人気に火が付き社会現象化。クオリティの高いアンメーションを制作する「ufotable(ユーフォーテーブル)」、原作者と伴走した『鬼滅の刃』初代担当編集者などのインタビューから見えるヒットの要因を探る。

【OPINION1】映画「鬼滅の刃」一番儲かっているのは集英社ではなくソニーか

【OPINION2】世界を虜にしたアニメ『鬼滅の刃』はどう作られたのか ufotableにしかできない作画とCGの融合 前編

【OPINION3】『鬼滅の刃』大ブレイクの陰にあった、絶え間ない努力――初代担当編集が明かす誕生秘話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*