大坂なおみ選手が全仏オープン棄権表明、うつ闘病を公表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記者会見拒否問題で注目されていた女子テニス、世界ランキング2位の大坂なおみ選手は、出場中だった全仏オープンテニスを棄権すると表明。同時に2018年以来、うつ病に悩まされ続けていることを公表した。大阪選手はツイッター上で、「数日前に(記者会見をしないこと)発表をした時にこんな状況を想像していなかった」と胸中を告白。「大会やほかの選手、私自身にとって撤退することがベストだと思った」と全仏オープンを棄権する理由を明かした。過酷な世界で身を削って戦い抜く選手、その選手を環境面や金銭面でサポートするスポンサー、そしてそれを伝えるメディア。それぞれの役割が時代と共に変化しつつある現状で、歪みが浮き彫りとなった問題をそれぞれの視点で捉える。

【OPINION1】大坂なおみ選手の会見拒否に見るメディアの問題点

【OPINION2】“ポジティブ原理主義”には弊害も。専門家が語るアスリートの心問題。

【OPINION3】大坂なおみ、ヨネックスの契約のきっかけは母からの手紙 米山勉会長が明かす10年間の交流とジュニア育成への思い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*