政治

【017】格闘技イベント「超RIZIN」で起きた奥野卓志氏による花束問題

格闘技イベント「超RIZIN」で起きた奥野卓志氏による花束問題

9月25日に行われた総合格闘技イベント『超RIZIN』のエキシビションマッチ、プロボクシング元世界5階級制覇王者フロイド・メイウェザーと総合格闘家でYouTuberとしても有名な朝倉未来の一戦で、「ごぼうの党」の奥野卓志代表がメイウェザーに贈呈するはずの花束をキャンバスに投げ捨てるという行為を、世界中の視聴者が目の当たりにすることとなりました。
場内は騒然としましたが、メイウェザー選手は何事もないかのように、セコンドに花束を手渡したものの、SNSでは奥野氏に対する批判が相次いでいます。
なぜ奥野氏はこのような行為に出たのか、また今回の行為に対し紳士的な対応で逆に評価を上げたメイウェザー選手とは?各視点から紹介します。

【OPINION1】「ごぼうの党」が目指したものとは

【OPINION2】RIZINでの花束投げ捨て ごぼうの党・奥野卓志代表「非礼には非礼」と語る

【OPINION3】メイウェザー45歳とは何者か? 父親が私に明かした「ドラッグの売人になるしかなかった」

【008】ロシアのウクライナ侵攻(3)

ロシアによるウクライナ侵攻

ロシア軍は2月24日、ウクライナの軍事施設に対する攻撃を始めたと発表し、ロシアによる軍事侵攻が始まりました。 当初はロシアが圧倒的な戦力を背景に、数日内に制圧するものと見られていましたが、予想外のウクライナの抵抗により、両国ともに多くの犠牲者を出しています。終わりの見えないこの争いを理解するために、前回は両国がこの争いに至った経緯、そして窮地のウクライナを率いるゼレンスキー大統領の過去を紹介しました。
今回は、この争いの舵取りになりえるNATO、アメリカ、中国について紹介します。

【OPINION1】そもそもNATOとは?なぜウクライナは加盟できない?

【OPINION2】なぜ米国はウクライナに軍を派遣しないのか?

【OPINION3】中国が泥沼化するウクライナ危機から学ぶ三つの論点

【007】ロシアのウクライナ侵攻(2)

ロシアによるウクライナ侵攻

ロシア軍は2月24日、ウクライナの軍事施設に対する攻撃を始めたと発表し、ロシアによる軍事侵攻が始まりました。
当初はロシアが圧倒的な戦力を背景に、数日内に制圧するものと見られていましたが、予想外のウクライナの抵抗により、両国ともに多くの犠牲者を出しています。終わりの見えないこの争いを理解するために、前回は両国及びこの争いの中心人物となるプーチンの過去をご紹介しました。
今回は両国がこの争いに至った経緯、そして窮地のウクライナを率いるゼレンスキー大統領の過去をご紹介します。

【OPINION1】ロシアはなぜウクライナに侵攻したの

【OPINION2】軍事衝突に至ったウクライナの歴史的な背景

【OPINION3】ゼレンスキー大統領とは何者か